その離婚、ちょっと待った!~離婚調停で弁護士を依頼するメリット~

離婚調停で弁護士を依頼するメリット

離婚調停といえば、弁護士を立てなければいけないというイメージがあるかもしれませんが、絶対に必要なわけではありません。では、離婚調停で弁護士を利用するメリットを紹介します。

まず、一番のメリットは有利に離婚調停が運ぶ事です。離婚調停になったときは調停委員にあなたの主張を正しく理解してもらう必要があります。それが出来なければ調停委員があなたの意にそうように説得してくれません。そこで、弁護士がいたらあなたの言いたい主張を整理して調停委員に伝えてもらえるので、話が通しやすいです。

また、調停離婚の場で弁護士にフォローしてもらえるなどあなたが有利になる事が多いでしょう。弁護士に依頼した方が申し立ての準備がスムーズに出来るので時間を短縮できるので仕事で忙しい人は弁護士を立てた方が良いでしょう。書類も専門分野なので素人の人が行うとかなり時間が必要です。準備に時間を取られるという精神的負担を少なくするためにも、弁護士を利用した方が良いです。

そして、弁護士に依頼するということだけで離婚が本気だという事が相手にも伝わります。相手と離婚でこじれた場合ははっきりとした意思を伝える事が重要です。調停離婚で少しでも不安がある人は弁護士に依頼した方が安心できますし、スムーズに出来ます。離婚は人生において1回という場合がほとんどなので弁護士に頼んだ方が安心です。

DATE:2016/9/22

コラム記事一覧へ